2017年9月28日木曜日

石川昌浩 硝子展


倉敷で硝子を作り続ける石川昌浩さんの展示に向けて
届けていただいた作品を寄り添わせて写真を撮りました。
イメージはどこか風景のような質感。地平線や水平線を
思わせる美しい立ち姿を変形のお葉書にレイアウトしました。

dieci paper OCTOBER 2017


振り返ることも進むこと。

dieci paper SEPTEMBER 2017


あっという間の初秋。

nicer 2017


2017年8月7日月曜日

ヂェン ホェヂョンの衣を纏う4



台湾、台北にアトリエを構えるヂェン先生のお洋服のイベント。
色々と意見を頂いて思い出したのは
チームのメンバーと行った台北の旅でした。
台湾には人にも街にも色があってそれぞれが
瑞々しかったり、すこしキツかったり
どこか寂しげだったりした。
景色もどこかニュアンスがあって
湿気の中に手触りがある感じ。
ヂェン先生の作るお洋服の色は
軽やかで着る人の意志を引き出してくれるような気がする。
そんな事を考えながら水に絵の具を溶いて
描いた絵が思ったより好きになった。
溶けそうな色彩です。

WAKAWAKA+ PETER SHIRE 「LAYERED」


サンフランシスコを拠点に活動される
お二方のエキシビジョン。
レイヤード=重なりという言葉から
点や線が繋がり重なり
奥行きが生まれる。
色と質感。
そういうイメージでビジュアルを組み立ててみました。
とても直感的に楽しく仕事ができた思い出です。


2017年7月11日火曜日

dieci paper JULY 2017

7月のカレンダー。手触りのある夏。
どんな季節がまっているのだろうか。

2017年5月31日水曜日

【雑記】

人間が図れることはとっても小さい範囲のことだと思う。
世にはばかって大きく思っているだろう私たちも、
山や海には到底かなわない。

机の上で絵を描いたりデザインをしている私の小さな行動は
どこかで大きな生命につながっているのかはわからない。

人間に疑問を持つ、流行にも、その他大勢にも、
どこかでずっとはてなを持ち続けて
それと仲良くしたり、挑んだりする。
そういう試みを胸に抱いている、みんなそうかな?

まずは今日の夜美味しい卵焼きを焼くぞ。

dieci paper JUNE 2017


今月もイラストとデザインを担当しました。
健やかな6月を。


2017年5月26日金曜日

IN/SECTS presents KITAKAGAYA FLEA 2017 SPRING& ASIA BOOK MARKET.



ローカルからカルチャーを考えるIN/SECTS magagineを発行する
インセクツさん主催、 KITAKAGAYA FLEA 2017 SPRINGに出店します。
北浦商店の従業員として新たに描きおろした
イラストレーションを展示しています。
小さな小さな展示と思ってもらえると嬉しいです。

「 on the day」2017.6/27 28

絵を描いていてみずみずしい景色が見えたら
私の中で小さな成功だと思っている。

紙の上にも世界が入っちゃうような感覚になれたら嬉しい。

そんなイメージで描いてます。